【感想】(´・ω・`)は偽りの亡霊を捕まえるようです


「偽り」
ブーン系でミステリ作品を問われたらまず真っ先にこのシリーズが挙げられるだろう、
その最新作が5年ぶりのお目見えだ。


そもそもブーン系でミステリ、それも推理物というのは非常に数が少ない。
読んだことのある範疇で挙げれば「虚構」「鬱畑毒三郎」「Q. E. D.
あとは「穴本」のミステリ小説、少し毛色は違うが「赤き瑪瑙」……くらい。


どれも名作だ。が、しかしこれら作品のどれとも違う面白さがこの「偽り」にはある。
推理小説のひとつの楽しみ方、「謎解き」。
作品の探偵役と並行して読者自身が推理していくのだ。
列挙した作品全てに共通してその面白さはもちろん、ある。
しかし「偽り」という作品は、「イツワリ警部がどう謎を解いていくのか」という期待がそれを大きく大きく上回る。
ワクワクさせてくれるのだ。
もはや自分で考えることを放棄させられるくらいに。


こうなってしまうのには理由がある。
ズバリ偽りは「アドベンチャー色が強い」からだ。
言ってしまうと「ショボーン警部率いる捜査一課の冒険譚」なのだ。
他作品と比較すると分かりやすい。


アパートや屋敷の中で起こった事件に、探偵役は頭脳のみ駆使して犯人を追い詰める。
対して偽りはロジックを組み立てるのは勿論のこと、
しかしそれを突き付ける舞台は列車だったり港だったり、
果ては銃で撃たれたり、炎からの脱出劇、殺し屋まで出てくる。

足を使って捜査する警察の、それも一つの班として事件に取り掛かるからこその特色といえよう。
そういうわけで偽りは、ブーン系ミステリの中でもやはり毛色の違う、唯一無二の作品だ。


アドベンチャー色が強いものの、事件そのものまで勢い一辺倒で解決してしまうわけではない。
抜いては積んでのジェンガを高く高くしてゆくように、可能性の芽をひとつずつ摘み、
やっと完成したそれを一挙に突き付ける。
推理小説の一番の醍醐味、「頭脳」は決して外さない。
これが好きで読んでるんだ。その期待を裏切らない。


偽りは紆余曲折あってやっと一本のロジックが完成する、この「やっと」ってのがまたポイントだ。
一人称で書かれる文には当然ショボーンの思考も現れ、そこであらゆる可能性が検討される。
イツワリ警部は決して超人じゃない。
まるで最初から犯人がわかっているようなドンピシャリなアクションは起こさない。
これがまたイイ。まぁ、そういう探偵も面白いもんだけど、偽りはそうしない面白さを上手く魅せてくれる。


ショボーンはかなり、追い詰められる主人公だ。
中盤なんなら終盤、最後の最後まで犯人や状況に振り回され、焦り、駆け回り、汗を流す。
完璧な推理を携えて臨む一対一の駆け引きを持ち掛けるときでさえ、全て思い通りになることは少ない。
今回だって兄者を問い詰める際、一転する状況に一瞬怯む。



>(;<●><●>) 「兄者はヒッキーに、崖下を見せた……」
> 
>(;<●><●>) 「それが本当だろうが嘘だろうが、矛盾が発生します!」
> 
> 
>                    、 、、 、
>(;<●><●>) 「ヒッキーは朝にしか崖下を見ていないんですよ!」
>                           、 、、 、
>(;<●><●>) 「霧が発生していた、朝にしか!」
> 
> 
>(´・ω・`) 「     ッ」
> 
>(´・ω・`) 「ま、待て……整理させろ」



完璧に犯人を追い詰める準備ができてなお、ショボーンはワカッテマスを立ち会いに呼ぶ。
完全無欠じゃないのだ。それをショボーン自身も分かって動く。
名探偵としてではなく、一刑事として事件に臨む、その内側を全て見せてくれるからこそ、
「読者への挑戦」じゃなく純粋な「応援」として作品に向かってしまうのだろう。
数式を解いてるって感覚ではないのだ、この作品を読んでいるときは。



「偽りを見抜くプロ」と、ショボーンはそう自負する。
犯人か、あるいは犯人じゃない誰か、吐いた嘘をショボーンは見抜き、逆にそれを己の武器にする。



>ペニーのように、相手を圧倒して吐かせる刑事もいる。
>ワカッテマスのように、賢いやり口でポロッと言わせる刑事もいる。

>だが、僕のやり方は、違う。
>ロジックの綱渡り、正面切っての真っ向勝負だ。



「真っ向勝負」という表現、これがかなり的を射ているなと、読んでて思ったところだ。
ウソ吐きは嘘を鎧に、ショボーンはその嘘を武器にして、正面きって火花を散らす、
その神髄があのBGMでブーストするシーンだ。

今回は特にゾクゾクしたね。特に対兄者のこれは。
ショボーンの詰めに兄者はガバッと顔色を変える。
玉将が追いやられるほどにそのAAに影が落ちていく。
半狂乱の様を呈して絶叫する。そして極めつけが……



>(;´・ω・`) 「兄者!」

>(;´・ω・`) 「今からの僕の質問に、イエスかノーだけで答えろ!」

>( ::;゚_ゝ::) 「がハ  ……ッ!」



本当に肉弾戦をしているかのようなこの演出……、もう、ヤバい。
推理小説なのにこんなに熱くなれる作品ほかに知らないぜ。
推理劇×バトル物のような強力な熱、これが偽りが強烈な作品たりえるものにしているんだと、そう思う。



肝心の推理の内容についてはちょっと戻って理解し直さなきゃいけないことが結構あったが、
言われてみればなるほど確かに、とほとんどが納得できたものだった。

一周目読んだときはヒントが少なかったかな、とも思ったが……、



>(´・ω・`) 「でも、紅葉狩りには乗り気じゃなかったんだ」

>( ´_ゝ`) 「見るだけやん、ッてうるさかったよ」

>( ´_ゝ`) 「あいつ、見た目のわりに体を動かすのが好きだったんだ」

>見た目のわりにか。
>なかなかしっかりとした体幹の男だった印象だが。

>建設業に勤める過程で、体つきが変わったのか。
>と思ったが、男は二十八を超えれば体型はすっかり変わるものだ。
>兄者も、骨格からして昔は痩身だったとうかがえるが、腹が出ている。



7話のこのシーン、さらっと流されているけれど、
ばっちり真相の糸口が見えてるんですよね。
上手いことやってくれやがる。
しかし上手いことやられたと思わされるのがミステリの面白いところ。


今回は、おなじみのワカッテマス、ぎょろ目に加えて、壁そして特にペニーの活躍が見れたのがよかった。
さらに何気に犯人逮捕に貢献したトソンちゃん。
いろんな人が出てきて、偽りの集大成って感じだった今作、大変すんごく満足のいくものだった。
また、イツワリ警部の「捕まえたぜ……」を聞く機会が訪れることを願って、過去作も読み返していこうと思います。