金が無いようです

122 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:24:30 ID:pL1gx2Vc0
川д川「お金が無い……」


         チャリーン
         ⑩ ⑩ ⑤


川*д川「チロルチョコ買ってもおつりが出るよ。やったね貞ちゃん!」

川д川「…………言ってる場合か」

川д川「最近なべちゃんとミセリちゃんに連れ回されてたからなー。今月結構無駄遣いしちゃったかも」

川;д川「バイト代が入るの明後日だし、今日の夕飯と明日一日二十五円で過ご…………せないよね普通に考えて」 ハァ

川д川「食料……何か残ってたっけ?」ガサゴソ

川д川「ご飯と味噌汁は大丈夫か。あとは野菜に卵一個……あっ、素麺一束発見!」

川д川「何とか食いつなげそう。卵かけご飯……卵焼き……野菜炒め……」

川д川「でもなあ……何かこう、がっつりしたもの食べたい気分なんだよね」

川д川「二十五円で肉一切れくらい買えないかな?……いや一切れじゃ物足りないか、どっちにしろ」

123 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:25:21 ID:pL1gx2Vc0
川д川「うーん…………」

川д川そ「!」ピーン

川*д川「かき揚げ作ろう!」

川*д川「かき揚げいいよね!お金無いから海老とか入れらんないけど」

川д川「野菜を適当に細長く切ってー」トントン

川д川「ニンジンとー玉ねぎとーニラしか無いけども」トントン

川д川「小麦粉買っててよかった」

川д川「野菜と小麦粉を混ぜてー、溶いた卵と冷水を大雑把に混ぜるっと」カシャカシャ

川д川「……何か寂しいな。海老とかツナとかごぼうとかじゃがいもとか三つ葉とか……色々入れたいんだけど」

川д川「そういえば昔読んだ小説にかき揚げにカッペリーニ入れるとおいしいって書いてあったけど、素麺でもいけるのかな」

川д川「どうせ食べるの私だけだし、やってみよう。適当に割って……」パキパキ

川д川「あとは普通に熱した油で揚げる」ジュー…ジュー…

川;д川「量多かったかな……でもその都度揚げるの面倒だし、やっぱまとめ揚げしておこう」ジュー…ジュー…

124 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:26:17 ID:pL1gx2Vc0
十数分後


川*д川「出来たー!」ドサッ

川*д川「そして一個味見!」ザクッ

川*ー川「~~~~~っ!!」

川*ヮ川「ちょっとスナック菓子みたい!おいしい!」

川*д川(素麺入れたのがよかったのかな)

川*д川(ご飯と味噌汁。がっつりめがいいから、かき揚げにはソースとマヨネーズをかけて……)

川*ヮ川「完成!!」

川*д川「いただきまーす」ザクッ

川*~川 モギュモギュ

川*д川(ソースマヨはご飯が進む……)パクパク

川*д川(明日は味を変えて酢醤油にしようかな)ザクッ





川*д川「おいしかった……これなら明日一日くらい余裕で生き延びれそう」

川;д川「でも……朝ごはんはご飯と味噌汁でいいとしても昼夜連続でかき揚げはキツいかな」

川*д川「あ、食後のお茶うまー。甘いものもあったらもっといいんだけど……チロルチョコ買おうかな。定番のミルクがいいな」ズズ…

川*д川「明日は大学もバイトも休みだし、のんびり過ごそうっと。たまにはだらだらするのもいいかもね」

川*д川「ごちそうさまでした」

.

125 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:27:02 ID:pL1gx2Vc0
从'ー'从「あれれ~?お金が無いよ~?」

从'ー'从「……ゼロ円だねぇ」

从'ー'从「どうしてだろ~?」

从'ー'从「うーん、最近貞ちゃんとミセリちゃんとたくさん遊びに行ったからかなぁ?」

从'ー'从「でもでも、私は止めとこうよって言ったのにミセリちゃんが『大丈夫、大丈夫』って言うから、私も『まあいいかな~』ってなって~……」

从'ー'从「それで嫌がる貞ちゃんを二人で無理矢理連れ回して……」




从'ー'从「つまり悪いのはミセリちゃんだねぇ~」

从'ー'从「食べるものは……」ガサゴソ

从'ー'从「あれれ~?お米もパンも無いよ~?」

从'ー'从「…………」ガサゴソ

从*'ー'从「パスタの乾麺があった!」

从'ー'从「トマト缶は……無いかぁ~。生クリーム……あるわけがないね~」ガサゴソ

126 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:27:48 ID:pL1gx2Vc0
从'ー'从「あるのは玉ねぎとキャベツかぁ」

从'ー'从「…………」

从'ー'从「適当に野菜とか突っ込んどけばパスタっておいしくなるよね~。…………多分」

从'ー'从「……ペペロンチーノもどきでも作ろうかな」

从'ー'从「ニンニクの代わりに玉ねぎを微塵切りにして……風味全然違うけど、あるのと無いのとじゃ大違いだよ~」トントン

从'ー'从「キャベツの葉は適当に手で千切って、芯は包丁で細かく切るっと」トントン

从'ー'从「鍋に普通にパスタを茹でる時より少なめにお湯を沸かして塩を少し投~入!」グツグツ

从'ー'从「麺を茹でてる間に少し底が深めのフライパンで、刻んだキャベツの芯と玉ねぎを炒めて」ジャッジャッ

从'ー'从「鷹の爪も無いんだよね~。七味でも入れてみようかな?辛ければいいよね~?」パッパッ

从'ー'从(玉ねぎが半透明になってきたらキャベツの葉を入れて軽く炒めて~、パスタは……)

从'~'从「食べるにはちょっと固め……よ~し」チュルン

从'ー'从(茹で汁もちょっととろみが出てるねぇ)

从'ー'从「茹で汁ごとフライパンにざざーっ!」ジュワワワワ…

从'ー'从「小袋の顆粒だしを半分くらい投~入!」サッサッ

从'ー'从「これは普通のペペロンチーノの時も入れるけどね~。ファミレスみたいなチープな味になるから好き~」

127 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:28:28 ID:pL1gx2Vc0
从'ー'从「そのまま煮込みながらソースの味見~」ペロッ

从'ー'从「味薄いから、もう少し塩入れようかな~」サッサッ

从'ー'从「…………」グツグツ

从'~'从(ソース煮詰まってきたねぇ。麺は……)チュルン

从*^ー^从「うん、ちょうどいい固さ~」

从'ー'从「お皿お皿」トテトテ

从*'ヮ'从「パースタパスタ♪つるっつるーのパースタ♪ミセリちゃんの脳みそもつるっつるー♪」カチャカチャ

从*^ー^从「えへへー、今度ミセリちゃんにも聞かせてあげよう。きっと喜ぶよ~」

从*'ー'从「完~成!」

从*'ー'从「いっただっきま~す」パクッ

从*-ヮ-从「…………!」

从*^ー^从「おいしい~」

从*'ー'从(野菜の甘味と、とろとろのソースがおいしい~。玉ねぎ入れたからかな~?)カチャカチャ

从*'~'从(ペペロンチーノもどきのつもりだったけど、結構違う味かな~……でもこれはこれで。野菜たくさん入れてベーコンも入れたら色んな出汁が出てもっとおいしいかも~)モギュモギュ

从'~'从(明日一日乗り切れるかな~?ちょっとお米も食べたい気がするけど……)カチャカチャモギュモギュ





从*'ー'从「ごちそうさまでした~」

从'ー'从「ちょっとだけデザートもほしかったかな~」

.

128 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:29:16 ID:pL1gx2Vc0
ミセ;゚ー゚)リ「無い!お金が無い!あと食料も無い!」

ミセ;゚ー゚)リ「えー?何で何でー!?」

ミセ;゚ー゚)リ「別に無駄遣いしてないのに……ただちょっと貞ちゃんとなべちゃんとケーキ食べ放題に行ったり、カラオケとか映画に行ったり(あと服とか漫画とか買ったり)しただけで……」




ミセ;*゚ー゚)リそ「二人が止めてくれないからだ!」

ミセ*゚ー゚)リ=3「あの二人のせいだよね、うん!全くもう!」

ミセ;゚ー゚)リ「しかし明日一日どうやって過ごせばいいのか……」ガサゴソ

ミセ*゚ー゚)リ「お!食パン一枚あった!これは明日の朝ごはんかなー」

ミセ;゚ー゚)リ「あとの二食はどうしよう……バイト代は明後日入るし……」

129 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:30:07 ID:pL1gx2Vc0
ミセ*゚ー゚)リ「……ってか甘いものが食べたい」ボソッ

ミセ;゚ー゚)リ「しまった!!お菓子の気分になってしまった!そんなお金無いのに!」

ミセ;゚ー゚)リ「あっ、砂糖がある!」

ミセ*゚ー゚)リ シャク…

ミセ*゚ヮ゚)リ「!」

ミセ*゚ヮ゚)リ"(砂糖単体でもおいしいな……口の中でザリっとするのがまた)モムモム

ミセ;*゚ー゚)リ(でも私がしたいのは砂糖を貪る事ではないのだよ!何かこう、優雅にお茶したい!お菓子食べたい!ジェットストリームとか聴きながら!)

ミセ*゚ー゚)リ「他に何か……」ガサゴソ

ミセ*゚ー゚)リ「小麦粉と砂糖と……ココアパウダーだ!」

ミセ*゚ー゚)リ「でも卵もバターも牛乳も無いし……そもそもお菓子作れるだけの器具も無いっていうね」

ミセ;゚ー゚)リ「何かレシピあったっけー?お菓子的な何か……簡単なやつ……」

ミセ*゚ー゚)リそ「あっ!」

ミセ*゚ヮ゚)リ「そうだクッキー作ろう!」

130 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:30:55 ID:pL1gx2Vc0
ミセ*゚ー゚)リ「ボウルに薄力粉100gと砂糖50g、塩一つまみを入れて軽く混ぜる!」サッサッ

ミセ*゚ー゚)リ「で、サラダ油を50g入れて……オリーブ油の方が好きなんだけど高いからなぁ」

ミセ*゚ー゚)リ「ポリ袋を手袋代わりにしてよく混ぜるー」グニグニ

ミセ*゚ー゚)リ「これだと生地が手に付かないし衛生的!」グニグニ

ミセ*゚ー゚)リ「まとまってきたらよくこねて、縦長の棒状にしてラップに包む!側面を台に押し付けて四角く形成……」グッグッ

ミセ*゚ー゚)リ「冷凍庫に入れて固まるまで待つ!」

ミセ*゚ー゚)リ「固まったら側面に砂糖をまんべんなくすり込んで適当にスライスして……アイスボックスクッキーの要領だねー」ストンストン

ミセ*゚ー゚)リ「プレーンだけじゃ寂しいからココアと紅茶も作ろう」ガサゴソ

ミセ*゚ー゚)リ「小麦粉と砂糖を混ぜる段階でココアパウダーを混ぜるだけだけども。目安としてはココアパウダーは小麦粉の色がほんのり変わるくらい、茶葉はティーバッグ一袋くらいかな紅茶も同じ要領だし、あとは全部同じ作り方だから楽なんだよね」カチャカチャ

ミセ*゚ー゚)リ「茶葉はティーバッグのが使いやすいね。細かくなってるからね」

131 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:31:46 ID:pL1gx2Vc0
ミセ*゚ー゚)リ「ココアパウダーと茶葉に合わせて小麦粉を減らしたりするとゆるゆるになるから、足すだけ足すだけ!」サッサッ

ミセ;゚ー゚)リ「一回5g減らした時は大変だった……ゆるんゆるんだったもん」

ミセ*゚ー゚)リ「シートの上に並べてオーブン180℃で二十分!シートが無かったらアルミホイルとか、あとくっつかない紙なら大丈夫なのは証明済みだ!」

ミセ*゚ー゚)リ(十二時に間に合いそう……ジェットストリーム聴きながら紅茶と一緒に食べようっと)ワクワク

         ピーッ!


ミセ*゚ー゚)リ「焼けた焼けた!」ガタガタッ

ミセ*゚ー゚)リ「このまま五分くらい乾燥させてからシートから外さないとボロボロになるから気を付けないとね」ゴトッ

ミセ*゚ー゚)リ「紅茶入ったけど……そろそろ大丈夫かな?」

ミセ*゚ー゚)リ「ちょうど良さげだね。外してお皿に数枚……残りは明日食べよう!」

ミセ*゚ー゚)リ「いただきます!」サクッ

ミセ*゚ヮ゚)リ「うまー!ちょっとちんすこうみたいな味だけど!」

ミセ*゚ー゚)リ「あっ、ココアはちゃんと普通にクッキーっぽい!おいしい!」サクサク

ミセ*゚ー゚)リ「紅茶は紅茶エッセンスを入れると香りが良くなっておいしいんだけど、今日は無かった……残念だ」

ミセ*゚ー゚)リ(ジェットストリーム聴きながらお茶するなんて雰囲気あっていいね。大沢たかおの声は落ち着くなぁ……)フゥ…

ミセ*゚ー゚)リ(伊武雅刀の声も渋くて好きだったけどね!)サクサク




ミセ*゚ー゚)リ「ごちそうさまでした!」

ミセ*゚ー゚)リ「さて」

ミセ*゚ー゚)リ「明日のご飯どうしようかなぁ……」

.

132 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:32:33 ID:pL1gx2Vc0
ミセ;゚ー゚)リ「食料が無い!!」

ミセ;゚ー゚)リ「朝ごはんのマヨトーストはおいしかったけど昼ごはんはマジで何も無いよ!」

ミセ*゚ー゚)リ「まあね、こんな時はね」

ミセ*゚ー゚)リ≡⊃「壁ドーン!」ドゴッ

⊂≡リ(゚ー゚*セミ「反対側もドーン!」ドカッ

ミセ*゚ー゚)リ「しばらく待ちます」


        バタバタッ


川#д川つ「ちょっと何なのいきなり!?」バンッ

从;'ー'从「ミセリちゃんうるさいよ~」

ミセ*゚ー゚)リ「二人ともこの前壁ドンされたいって言ってたから」

从;'ー'从「ふええ~?そうだったかな~?」

川#д川「違う方の壁ドンに決まってるでしょうが!普通に考えて!」

133 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:33:13 ID:pL1gx2Vc0
川;д川「で、何の用?」

ミセ*゚ー゚)リ「腹減った!飯食わせい!」


   スタスタ…           スタスタ…
   川д川、、、         ,,,从'ー'从


        「かーえーらーなーいーでー!」
     川д;川⊂ミセ;゚ー゚)リつ从;'ー'从


川д;川「こら放せ!今の私に人に振る舞う余裕はありません!」

从;'ー'从「私だって今日一日パスタで乗り切らなきゃいけないんだよ~?お米ないから~」

ミセ;゚ー゚)リ「私は(クッキー以外)食料自体が無いんだよー!助けてよ!」

川д川「なべちゃんお米無いの?」

从'ー'从「うん」

川д川「じゃあうちのご飯と一食交換しない?おかずはかき揚げなんだけど」

从*'ー'从「かき揚げ~?いいの~?」

川д川「うん、私も連続で揚げ物はキツいし」

从*'ー'从「じゃあせっかくだから一緒にご飯食べよっか~」

川*ー川「そうだね!」

ミセ;゚ー゚)リそ「私は!?ねえ私はー!?」

134 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:34:03 ID:pL1gx2Vc0
从'ー'从「ふぇ?何も差し出せない奴に用は無いよ~?」

ミセ;゚ー゚)リ「何この子怖い!」

川д川「でも正論だよね。それじゃあまたね、ミセリちゃん」

ミセ;゚ー゚)リ「待って待って!えーっと…………おやつ!おやつならあるよ!クッキー(っぽいもの)!」

川*д川(甘いもの……!)从'ー'*从

川*д川「それならまあ……」

从*'ー'从「仕方ないね~」







从'ー'从「じゃあお昼ごはんがパスタで夕ごはんがかき揚げでいいよね~?」

川д川「そうだね」

ミセ*゚ー゚)リ「なべちゃんよろしく!」

川;д川「手伝おうという気はないのか」

从^ー^从「あはは、いいよ別に~。ミセリちゃんがいても邪魔だもん」

ミセ;゚ー゚)リ「なべちゃん実は私のこと嫌いなの!?」

135 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:34:52 ID:pL1gx2Vc0
从'ー'从「………………」

ミセ;゚ー゚)リ「えっ、ちょっと何で無言なの!?ねえ!?」

川д川「じゃあ私手伝おっか」

从'ー'从「いいよ簡単だから~。貞ちゃんは座ってて~?」

ミセ*゚ー゚)リ「私には欠片も無かった気遣いだね!心が痛い!」

从'ー'从「じゃあ作ってくるよ~」スタスタ…

ミセ*゚ー゚)リ「そして放置だよ!私別にMじゃないから嬉しくないよ!?」

川д川「ミセリちゃん、うるさいからおとなしくしてて」

ミセ;゚ -゚)リ「むー……」


  「パースタパスタ♪つるっつるーのパースタ♪ミセリちゃんの脳みそもつるっつるー♪」


ミセ ゚ー゚)リ「ちょっとあいつ殺ってくる」ガタッ

川;д川「落ち着いてミセリちゃん!ほらなべちゃん天然だから!多分悪気は無いんだよ!」


  「ミセリちゃんのおっぱいはつるぺったん♪」


ヽミセ#゚Д゚)リノ「貞ちゃん放して!あいつ殺せない!!」

川;д川「お願いだから落ち着いてよーーー!!!」

136 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:36:03 ID:pL1gx2Vc0
ミセ ゚ -゚)リ「…………」ムスッ

川;д川(全くなべちゃんはもう……)


  「パースタパスタ♪茹ですぎるーとでろんでろんのぶよぶよ♪貞ちゃんのおっぱいはぼよんぼよんのぶよんぶよん♪」


川#д川「止めないでミセリちゃん!あいつは一度痛い目にあった方がいいよ!」ジタバタ

ミセ;゚ー゚)リ「貞ちゃん落ち着いて!ご飯が食べられなくなるから、殺るなら後にして!」








.

137 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:36:54 ID:pL1gx2Vc0
ミセ*-ー-)リ「満腹、満腹」

从*'ー'从「ご飯もおやつもおいしかったね~」

川*д川「何とか今日一日持ったね……」

ミセ*゚ー゚)リ「私は明日やっとバイト代入るよ!」

从*'ー'从「えへへ~、私もだよ~」

川д川「まあ私もだけど……」

ミセ*゚ー゚)リ「おお!すごい偶然だね!」

川д川「いや偶然じゃないから」

从*'ー'从「じゃあ運命かな~」

川;д川「どんな運命よ…………いや、っていうか全員バイト先同じだからね」

ミセ*゚ー゚)リ「貞ちゃんのバイト先って巨乳カフェじゃなかったっけ?」

川д川「ならミセリちゃんのバイト先は貧乳喫茶なの?」

ミセ*゚ー゚)リ「…………」

川д川「…………」

ミセ*゚ー゚)リ「乳の話はやめよう」

川д川「争いしか生まれないもんね」

从'ー'从「ふぇ?」←Dカップ美乳

ミセ#゚ー゚)リ「ちっ……!」川д#川

138 :名も無きAAのようです :2015/07/20(月) 23:37:44 ID:pL1gx2Vc0
从'ー'从「ねえねえ~」

川д川「ん?」

从*^ー^从「たまにはこういうのもいいね~」

川*д川「…………そうだね」

ミセ*゚ー゚)リ「またやりたいよね!」

川;д川「出来ればお金に困るのは今後避けたいけどね」

从*'ー'从「じゃあ明日はバイト代入るから、お祝いにパフェ食べに行こうよ!」

川;д川「いやここんとこ外食し過ぎじゃ……」

ミセ*゚ヮ゚)リ「学校の近くのカフェだよね!?コーンフレークじゃなくてケーキとかムースの入ったパフェ出してるとこ!行く行くー!」

川;д川「ねえ聞いてる?」

从*^ー^从「三人で行こっか~」

川;д川「だから!そんな事ばっかしてるから金欠になったんでしょうが!!!」

ミセ*゚ー゚)リ「固いこと言わないでよ貞ちゃん!一回くらい大丈夫だって!」

川;д川「それこの間から何回も聞いてる!」

从'ー'从「まあまあ、パフェおいしいよ?」

ミセ*゚ー゚)リ「貞ちゃんの好きな苺パフェもあったよ!」

川;д川「~~~~~~っ」




川;д川「……一回だけだからね!もう本当に今回限りだからね!?」

ミセ*゚ー゚)リ「そして今月も金が無くなるのであった……」

川;д川「本当に今回だけだってば!!」





終わり







投下作品一覧へ