身延線

1 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:04:23 ID:1Llz5Phw0
何処かへ行こう。

特には決めてないけれど。

2 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:06:17 ID:1Llz5Phw0

甲府駅構内の駅弁屋のおばちゃんたちは、それはもう元気だった。

やれスマップのあの人に似てるだの、やれイケメンだの、大声で捲し立ててくるもんだから、周囲の視線も相まってかなり恥ずかしかったが、そこまで褒められては悪い気はしない。
だからというわけではない。元々聞くつもりだったオススメを聞くと、牛肉弁当か穴子弁当、と自信満々に言うので、プリップリと評された穴子弁当を身延線のお供にすることを決めた。

今は午後の1時過ぎ。富士に弁当の霧がたつ。

3 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:07:31 ID:1Llz5Phw0


('A`) 本日も旅日和のようです

4 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:08:15 ID:1Llz5Phw0


1.身延線

5 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:09:16 ID:1Llz5Phw0

('A`;)「うおっ、すげぇなこれ!」

と、声を出しそうになった。湯気を腿の上から立ち昇らせ、穴子と生姜の良い香りを車内に充満させている時点で迷惑極まりないのに、だ。
人も少なかったので車内で食べようと思ったのがいけなかった。みなさま、すみません。

反省と食欲は、しかし比例していく。

弁当からヒョロっと出た黄色い紐を引っ張ると、弁当から湯気がじゅわあと吹き出て、五分ほどで食べ頃の温かさになるという、なんとも素敵なギミックを持つこの弁当。
腿も鼻も食欲も、そして弁当もよくよく温った頃、限界と言わんばかりに箱を解く。

おお、これは、いいものだ。

7 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:10:53 ID:1Llz5Phw0

内容は至ってシンプル。味付けご飯に、穴子の切り身が2枚乗っているだけ。漬物も併せて乗っていただろうか。いや、それよりも。

('A`*)「おばちゃんの評価に偽り無しだな、こりゃ」

なんとも艶やかな身である。プリップリとはよく言ったものだ。
たまらず景気良い音ともに箸を向かわせる。感触がほとんど無いまま、その身は解れた。
期待は留まることを知らず、膨れ上がる。

はて、これはそうだ、弁当だったのだ、そう思い返すのは食べ終わる頃のお話。
一口含めば、作りたてと言われても信じた程に。

('A`*)「ホフホフ。あったけぇ」

咀嚼と共に、身延線が動き出す。

8 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:11:57 ID:1Llz5Phw0

正直、鰍沢口駅で降りるまで、車外の風景だとか所要時間だとか、外界の事は全く覚えていない。ただただ美味であった、という感想だけだった。
生姜の香り引き立つ炊き込みご飯と穴子の相性はそれは素晴らしく、腹の具合も丁度良い。
そんな夢見心地が解かれたのは、腰の曲がるおばあちゃんに話し掛けられてからだ。

('A`;)「えっ?富士行き?あー、えーと、あっ、こっち側のホームですね」

(;'A`)ノ「…あ!間違えました!こっちです、こっち!あの列車です!」

(;'∀`)ノシ「いえいえ、すみませんでした、お気を付けて!」

( '∀`)ノシ

( '∀`)ノ

( '∀`)

(>'A`)>

こうして、本来ならば乗る筈であった列車は、こちらを振り返る事無く元気に発車して行った。

9 :名も無きAAのようです :2015/06/22(月) 00:14:05 ID:1Llz5Phw0

('A`)「結果オーライと考えよう」

私を置いて行った列車を脇目に、私はひとつふたつと駅を越す。
特急ふじかわの乗り心地は、軽快。心は軽く、財布も軽く。

('A`)「言うて心はそれほど軽く無い」

後悔先に立たず。おばあちゃんを1人救えたのだから、良しとしよう。座り心地は確かに良いのだし。

('A`)「何より人が少なく、尚且つそのまま静岡まで行けるってのがね」

身延線の終着は富士駅だが、特急に限りそれが静岡駅まで伸びる。快速の無い東海道線に於いて、この延長は大きい。
穴子弁当はここで食すのが1番の様だったが、先と同じで先には立たぬ。
柔らかいシートの低反発を背中に感じ、窓を見る。心安らぐ緑が目の前を流れ行く。

('A`)「はぁ~満足満足」

富士川の急流も追い付けぬ速度で、特急列車は海を夢見る。

ああ。東側に座っていれば、緑だけで無く富士山も望めたというのに。
それに気付いたのは、これを綴る今更になってだった。


1.身延線 終






2.青梅線