【( ^ω^)2015年】ブーン系小説 春の黄金ケツ祭り【ゴールデンウィーク企画のようです】お題文


お題文




【メインお題文】

A.彼は頷くとその手を確かめる様に握り返した。

B.恋とも愛とも言えないが、確かに”何か”を失ったのだ。

C.死因は味噌汁での溺死だった。

D.データを削除しています……

E.ひえー、もうブーン系なんてこりごりだぁ~!

F.ほらな、言った通りだろ?








【縛り足りない人用のその他お題文】


【台詞系】

・たまにはゴリラもいいもんだ
・これからは、ずっと一緒だよ
・あれは本当だったのか
・それでは、もう二度と逢わないことを祈っているよ
・明日また会おう
・ほらな、言った通りだろ?
・君が望むのなら
・だって嫌いだったから
・でもお前んち妖怪カーニバルじゃん
・困ったな
・嘘だそんなこと!
・ぎゃー
・生ゴミの回収日って何曜日だったかなぁ……
・……行くか
・……夏休み……もう終わっちゃうね
・ひえー、もうブーン系なんてこりごりだぁ~!
・ひとつ、勘違いしているようだから訂正しておくが……あれはちんちんがかゆかったんだけだよ
・君は何か勘違いしてないか?
・忘れるな……君達に選択の余地は残されていない
・マグロ釣るまで帰れませんッ!
・そういや俺人間の屑だったの忘れてた
・あとはもう笑うだけだ
・とりあえず抜いどけ。
・データを削除しています……
・そうだ、そうに決まってる
・いや、口説いてるんだ
・お前なんかちっとも怖くねーよ、ばーか
・ばーか
・お次は何だ?
・きっと何も変わらないだろう



【地の文系】

・そう言って彼は、夜の街に消えた。
・彼女は静かに目を閉じた。
・結局自分とはなんだったのだろうか、そんな疑問をもって彼は長い眠りについた。
・――ただそれだけが、強く、強く残っている……
・僕は台から飛び降りた。
・彼は頷くとその手を確かめる様に握り返した
・それは愛であり、呪いでもあった。
・頭とケツが割れるように痛い。
・さながらそれは求愛行動にも見えるが、もしかしたらこれは入浴してるだけなのかもしれない。
・モンゴルの大地は今日も暖かい
・虚しい叫びが雪山に木霊した
・そう、最強のラーメン娘の名にかけて
・恋とも愛とも言えないが、確かに”何か”を失ったのだ。
・バイクに跨り、彼は何処かへと走り出した。
・風が強く吹いている。
・下人の行方は誰も知らない。
・そして腕に手錠がかけられた。
・そして誰もいなくなった。
・人を簡単に殺せそうな鈍器を躊躇いなく振り下ろした
・借金返済まで残り 2億9720万円
・結局腹ごしらえができていないことに、しばらく経って気づいたのであった
・世界中のパンツを被り尽くす――彼の壮大な挑戦は始まったばかりなのだ。
・彼の陰茎はいまだ勃起したままなのであった。
・そしてこれこそが、今の日本が忘れてしまった大切な物なのかもしれない
・なぜか目の前がぼやけて見えた。
・めでたしめでたし
・以上、下世話な話でした。
・残念だけど、世の中そういうものなんだ。
・その時、懐かしい声が聞こえた 気がした。
・死因は味噌汁での溺死だった




春の黄金ケツ祭り TOPへ
qqq.jpg