【感想】ξ゚⊿゚)ξ嘘が紡いだ物語のようです

全てが眠る、深い夜。
物音を立てないよう、王女は注意しながら部屋を出る。
最上階から裏口を目指し、冷たい石に囲まれた暗闇の城の中を裸足で歩く。
ようやく最後の木の扉を開けると、それに気が付いて駆け寄ってくる影が一つ。
隠れる必要は、もうない。何故なら―――

王女ツンは、なんてことないただの兵卒、ブーン=ラダトスクその人に、会うためだけに、ここに来たのだから。


嘘が紡いだ、禁断の愛の物語。

ξ゚⊿゚)ξ嘘が紡いだ物語のようです(ブーン芸VIP)




続きを読む

【作者も】感想依頼はじめました【読者も】

みなさんこんちには。
全国的に降雪があったりしているようで、大変寒いですね。
風邪など引いておりませんでしょうか?
ブーン系ライフは体が資本ですからね。体調を崩さずに、いや、例えインフルエンザにかかってでもブーン系は読みましょうね。

学校や会社を休んだらチャンスだと思いましょう。
たっぷりブーン系に時間を費やせます。
もし「ふざけんな!こっちは今にも死にそうなんだよ!」って方は、そうですね、これを読みましょう。
高熱なんて吹っ飛んでしまうこと間違いなしです。
むしろ高熱にうなされながらもこれを読破するのが真のブーン系民ってやつですよ。うんうん。

さて、前置きが長くなりましたが本題に入ります。




続きを読む